WealthNavi(ウェルスナビ)の利回りは高い? | WealthNavi(ウェルスナビ)の税金の話

ウェルスナビで利益が出たら税金を!
Home » 税金について » WealthNavi(ウェルスナビ)の利回りは高い?

WealthNavi(ウェルスナビ)の利回りは高い?

税金について

みなさんは、WealthNavi(ウェルスナビ)という高い利回りを得られる、新しい資産運用についてご存じでしょうか?
ウェルスナビとは資産運用に関係する手続きをすべて全自動で行える、いわゆるロボアドバイザー投資のことを言います。
ここでは、そのウェルスナビの仕組みと、利回りについて紹介したいと思います。

ウェルスナビとは、独自の金融アルゴリズムが投資銘柄の選定、取引、ポートフォリオのリバランス、税金の最適化までを全て自動でやってくれるサービスのことです。
ロボアドバイザーとも呼ばれており、時間のない投資家にとって極めて便利なサービスとして、今注目を集めています。

ウェルスナビの投資対象は、海外の投資信託がほとんどです。
そのため、世界経済の動向と密接に連動しており、インフレ傾向にある現在の世界経済状況を鑑みると、比較的利益の出やすい環境下での運用になっています。
ウェルスナビはあくまでも金融商品に該当するものですので、元本保証はされていません。
ですが期待利回りが6%以上と高く、比較的安定した成績を残しているのが強みです。

このウェルスナビは、自動で銘柄を選定して一定期間を要した後、相場の状況を自動的に判断してポートフォリオをリバランスする機能が備わっています。
リバランスというのはいわゆる調整のことで、成績の悪い銘柄をカットして、勝ちやすい銘柄を自動で選びなおしてくれるということです。
これによって、リスクを最小限に抑えながら利益を最大化していくことができます。
こういうポートフォリオの調整は、投資の経験者であれば自分でできるかもしれませんが、投資の経験があまりない人は、なかなか自分で実施するのは難しいことでしょう。
そういう点から見ると、ウェルスナビは投資初心者向けのサービスだと、言えるかもしれません。

他には、税金の最適化も、ウェルスナビのロボアドバイザーが自動でやってくれます。
税金の最適化とは一体どういうものなのかと言うと、含み損分を確定することで、所得額を減らし節税を行うということです。
所得税は段階的にパーセントが上がる仕組みになっていますので、税率が高くなる所得額にならないよう、ポジションの含み損で自動調整してくれます。
もちろん調整できない場合もありますが、このような節税に関しても、全てアルゴリズムがやってくれるというのは大変驚きです。

そんなウェルスナビの期待利回りは、大体年率6%前後だと言われています。
銀行に預けると1%にも満たない金利しか受け取れないことを考えるとこの金利はかなり大きめの数字だといえます。
これまで投資を行ったことがない人でも、簡単に始められますので、まずはウェルスナビについて十分に調べてみてください。