WealthNavi(ウェルスナビ)の優れた金融アルゴリズム | WealthNavi(ウェルスナビ)の税金の話

ウェルスナビで利益が出たら税金を!
Home » 税金について » WealthNavi(ウェルスナビ)の優れた金融アルゴリズム

WealthNavi(ウェルスナビ)の優れた金融アルゴリズム

税金について

今回は、自動で資産運用ができるWealthNavi(ウェルスナビ)のアルゴリズムについて解説したいと思います。
そもそもアルゴリズムとは一体何なのでしょうか?
アルゴリズムとは、コンピューターのプログラムを使った問題解決のための計算方法のことを意味しています。
そう言うと分かりにくいかもしれませんが要するに、自動で計算を行い回答を出すプログラムだと考えればいいでしょう。

ウェルスナビの場合は金融アルゴリズムと言う物が採用されていて、そのベースとなるものは、ノーベル賞受賞者のロジックが使われています。
どういうことを実現できるのかと言うと、世界中にある投資銘柄の中から今後値上がりしそうな銘柄を自動的に選びポートフォリオを作成したり、調子の悪い銘柄を取り除きポートフォリオリバランスする機能などが備わっています。
他には、税金を最適化する機能もあり、所得税を節税するためのポジション調整が自動で行われます。
このようにウェルスナビのアルゴリズムは、投資家が本来やるべき仕事を代わりに全て自動で執行してくれるため、投資家側は、時々状況を確認するだけで、資産運用に関する全てを委託することができるようになっています。

ではその資産運用の効果はどの程度あるのでしょうか?
自分でトレードした場合と比べてどちらが安全に利益を弾き出すことができるようになるのでしょうか?
ウェルスナビの平均的なリターンは大体6%だと言われています。
もちろん相場の地合いによって上下するのですが、全体的に見て業績が良いのがウェルスナビの特徴です。
年利6%ということは、1千万円を預けると60万円の配当を受け取れることになります。
この金額が高いと思うのか安いと思うのかは個人の考え方次第ですが、銀行に預けるのと比べればはるかに高いリターンが得られるため、資産運用を積極的に考えている人は導入した方がいいサービスだと思われます。

あと自分でトレードした場合と比較すると、断然ウェルスナビに預けた方が、安定した資産運用を実現しやすいです。
恐らく、投資を経験したことがあるほとんどの方が体験したことがあると思いますが、投資で利益を残すというのは、かなり訓練が必要になることです
大体の人がマイナスで終わってしまうことが多く、特に投資初心者の人が投資商品に手を出すと停滞損失を食らってしまいますので注意が必要です。
そういう投資初心者の人は、自分でやるよりウェルスナビに資産運用を預けた方が、安全に自己資金を増やしていける確率が高いでしょう。