税金について についての記事一覧 | WealthNavi(ウェルスナビ)の税金の話

ウェルスナビで利益が出たら税金を!

税金について

WealthNavi(ウェルスナビ)と積立NISAではどっちが良い?

税金について

今、投資の世界で注目されている全自動の資産運用のサービスが面白いです。
WealthNavi(ウェルスナビ)という金融商品なのですが、積立NISAと比べるとどちらの方がいいのでしょうか?
今回はそれぞれのサービスを比較しながら、今話題のウェルスナビの特徴について紹介したいと思います。
(さらに…)

WealthNavi(ウェルスナビ)で長期投資を始めよう!

税金について

WealthNavi(ウェルスナビ)は、長期投資向けの資産運用サービスです。
口座に預け入れた資金を毎月分散して積み立てるやり方で、それらの取引を全てアルゴリズムが行います。
基本的に投資は、時間と資金を分散をすることで、 利益を出しやすくなります。
ウェルスナビのアルゴリズムは、ノーベル賞を受賞した人のロジックを採用しており、複数の銘柄に分散して、リスクを最小限に抑えながらリターンを上げていく形の取引を行います。
(さらに…)

WealthNavi(ウェルスナビ)の確定申告!支払い調書について

税金について

WealthNavi(ウェルスナビ)の支払調書について。
今回は、ウェルスナビの確定申告に関係する、支払い調書や源泉徴収について解説したいと思います。
ウェルスナビの特定口座のうち、源泉徴収ありを選ぶと納税が自動で行われるため確定申告の必要がありません。
ですが必要経費などを差し引く場合には、期日までに確定申告をしないと、控除が認められないため、どのみち確定申告が必要になる可能性があります。
確定申告をする時には、支払調書(源泉徴収票)を確定申告書と一緒に添付台紙に貼り付けて提出する必要があります。
(さらに…)

WealthNavi(ウェルスナビ)の優れた金融アルゴリズム

税金について

今回は、自動で資産運用ができるWealthNavi(ウェルスナビ)のアルゴリズムについて解説したいと思います。
そもそもアルゴリズムとは一体何なのでしょうか?
アルゴリズムとは、コンピューターのプログラムを使った問題解決のための計算方法のことを意味しています。
そう言うと分かりにくいかもしれませんが要するに、自動で計算を行い回答を出すプログラムだと考えればいいでしょう。
(さらに…)

3つの口座が選べる!WealthNavi(ウェルスナビ)の税金対策

税金について

ここでは、最近投資家の間で人気のWealthNavi(ウェルスナビ)の口座でできる、税金対策について紹介したいと思います。
ウェルスナビというのは、海外への投資信託への投資をすべて全自動で行えるサービスのことです。
期待利回りが6%以上と高く、業績も好調なことから最近投資家の間で話題になっています。
(さらに…)

WealthNavi(ウェルスナビ)は二重課税される!?

税金について

高い利回りと安定した運用が期待されるWealthNavi(ウェルスナビ)ですが、二重課税されるリスクがあることをご存知でしょうか?
今回は、二重課税とは一体何なのか?また、その回避の仕方について解説したいと思います。
そもそもウェルスナビとは、一体どういうサービスなのでしょうか?
(さらに…)

WealthNavi(ウェルスナビ)は源泉徴収されるの?

税金について

ここでは、WealthNavi(ウェルスナビ)の源泉徴収について解説したいと思います。
サラリーマンの方で初めて資産運用をする人は、確定申告にあまり慣れていないかもしれません。
そういう人向けに、ウェルスナビでは特定口座を開設して源泉徴収ありを選べば、確定申告の手間が大幅に省ける仕組みになっています。
(さらに…)

WealthNavi(ウェルスナビ)の利回りは高い?

税金について

みなさんは、WealthNavi(ウェルスナビ)という高い利回りを得られる、新しい資産運用についてご存じでしょうか?
ウェルスナビとは資産運用に関係する手続きをすべて全自動で行える、いわゆるロボアドバイザー投資のことを言います。
ここでは、そのウェルスナビの仕組みと、利回りについて紹介したいと思います。
(さらに…)

WealthNavi(ウェルスナビ)で利益!確定申告は必要?

税金について

WealthNavi(ウェルスナビ)は、すべて自動で資産運用ができる、最近投資家の間で人気のサービスです。
ここでは、ウェルスナビと確定申告のお話をしたいと思います。
ウェルスナビで配当を得た時には、確定申告が必要になります。
確定申告が必要になる金額は、年間20万円を超えているケースです。
ただ選ぶ口座によっては、確定申告が不要になりますので、口座開設をする前に内容をよく確認してから申し込むようにしてください。
(さらに…)